CLOSE
JACKET / OUTER

mirabella homme(ミラベラオム)コンテンツリスト[UOMO5月号掲載]みんなの試着フェス! 2021春夏・ミラベラオムの似た者同士くらべてみた

みんなの試着フェス! 2021春夏同じように見えて全然違う
ミラベラオムの似た者同士くらべてみた

PCの画面上では同じような見た目で購入に迷うアイテムであっても試着してみると違いがよくわかる。
ブルゾン、スラックス、シャツと、3カテゴリーの似た者同士を着比べてもらった結果は?

UOMO5月号掲載

小畑多丘さん(彫刻家)がショートブルゾンを着比べる

小畑多丘さん|B-BOYから着想された木彫を制作する国内外で人気のアーティスト

  • STUDIO NICHOLSONのショートブルゾン

    STUDIO NICHOLSON

    「アウターはショートブルゾンばかりでロングコートはほぼ着ません。スタジオニコルソンは一昨年ロンドンに滞在中、直営店に行ってロンTを買いましたね。このデニムジャケットは普段着のリーバイス501との相性がいいし動きを制約しないボックスシルエットで作品制作時にも着てみたいです。ただ身幅に対してアームが細いのでインナーはTシャツしか着られないのが難点。常に持ち歩いているクロッキー帳が入る内ポケットがあるのは地味にうれしいです」

  • WELLDERのショートブルゾン

    WELLDER

    「ウェルダーの服は初めて着ましたが洗いのかかったような生地がしっとりと柔らかくて、アームまで太いので着ていてリラックスできます。フロントのボタンはミニマルですごくおしゃれだと思いますが、僕はより普通なものが好きなのでボタン多めでもよかったかな(笑)。考えてみたらこういう裏地のない薄手のブルゾン持っていないですね。冬はMA-1で、暖かくなったらパーカで解決してしまうので」
     

田中利栄さん(On 営業)がツータックパンツを着比べる

田中利栄さん|人気急上昇中のスイスのランニングシューズブランド・オンの営業を務める

  • NEATのツータックパンツ

    NEAT

    「ニートのスラックスはお尻の独特な膨らみが好きで何本も持っていますが、ポリエステルとウール混紡のこんな夏らしいトロピカル素材は初めてです。適度にコシがあるのでセンタークリースも崩れず、腰まわりが立体的に見えてかっこいい。前方に出っ張る外タックではなく、横に膨らむ内タックだからか、絶妙なかわいげもありますね。ワイドすぎず膝まわりはすっきりしているので、布擦れもなく足さばきも抜群です」

  • SEYA. のツータックパンツ

    SEYA.

    「セヤは外タックですがヒダが浅いのでミニマルな印象。ニートに比べて股上が浅く、全体に少し細いのでシルエットだけで言えばよりドレッシーですが、コットン100%のカジュアルな生地でバランスがとれています。玉虫色っぽいシルバーグレーという色も珍しい。ニートのシルエットのよさを再認識しましたが、武骨なチノパンとも違うタイプライターのような生地という点ではセヤにも初挑戦したい。両方腰まわりの美しさが命なのでジャストサイズをベルトレスですっきりとはきたい」

阪井元さん(ビデオグラファー)が白の半袖シャツを着比べる

阪井元さん|動画クリエイターとしてレショップはじめ人気ブランドの映像を多数手がける

  • MARNIの白半袖シャツ

    MARNI

    「春になると白シャツが着たくなります。インナーにTシャツかタンクトップを着るので、重要なのはやっぱり透けないこと。マルニのシャツは好きですが白は着たことないですね。パリッとしたポプリン生地はインナーが少しだけ透けますが、さらさらしていてとても気持ちがいい。ドロップショルダーの独特な正方形シルエットはマルニを着ている満足感があります。ボタンループ付きの開襟仕様ですが、第一ボタンまで留めても違和感なく着られるのはさすがです」

  • E.TAUTZの白半袖シャツ

    E.TAUTZ

    「イートウツの『ラインマンシャツ』は長袖を何度も試着したことがあるのですが、生地の薄さが気になって購入には至らず。半袖でもたっぷりとしたシルエットは健在ですが、ガーゼのように柔らかく薄い生地なのでインナーはより透けます。ここまできたら思い切ってこの透け感を楽しむのもアリかも。形が同じ厚手のシャツアウターとか発売されたら即買いですけどね」